こくごのごくい

会社員向けのライフハックや雑学をお届け

働きアリの法則でストレスが軽減できる。

 

おはようございます、こくごです。

 出勤前に読んでみて下さい(^^)

f:id:k0kug0:20170613025102j:plain

会社員の貴方。

想像して見て下さい。

 

「さぁ、今日も1日頑張るか!」

 

あなたはいつも通り会社に行きます。

午前中、仕事を終え、午後からは取引先との打ち合わせ。

後輩と行きます。

 

朝一で後輩に

AとBとCを指示。

A「取引先に伝言する内容」

B「取引先に持って行く書類」

C「会社での書類作成」

を午前中にやっておいて欲しい。そうあなたは後輩に言いました。

 

昼休みに入り、後輩の仕事を見に行くと

「な、なんだと?!」

 

なんと、全部出来てない!!

 

A「取引先に伝言する内容」

朝一番で後輩はあなたからもらった

内容の書いたメモを紛失。

さらに上司に別件で呼び出され、すっかり忘れてしまっていた。

 

B「取引先に持って行く書類」

自宅のパソコンにデータを忘れていた!

バレないようにと、新しく作ったが中途半端な仕上がり。

 

C「会社での書類作成」

Bをやっていた為に全くの手付かず!

 

さまざまな言い訳が貴方の耳に届く。

「このばかやろー!」

 

と、言えるわきゃないんだよなぁコレが。

淡々と仕事をこなし、何とか取引先との打ち合わせを終え

疲れきった、貴方。

 

 (俺…自分の仕事全然出来なかったわ)

こんなことありますよね?ニヤリ

 

実は僕(こくご)は仕事が出来ない!

僕が仕事をし始めたのは、高校生1年生からのコンビニのバイト

まあー仕事が出来ない出来ない!

シフトに入ったら怒られて、勤務終わったら慰められ、その繰り返し。

シフトの日は行くのが嫌で仕方ありませんでした…

 

その当時はパソコンが家にあり、インターネットで何故仕事が出来ないか、探して回りました(ガチで)

 

そしたら、あったんです!答えが!笑

 

○働きアリの法則 (2-6-2の法則)

一般的に働き者の印象が強いアリ。

でも実際には、2割程度のアリはフラフラと遊んでいると言います。

そこで、この怠け者のアリを集団から排除してみると、怠け者不在で全員がせっせと働くものかと思いきや、しばらくすると、残ったアリのやはり2割程度がさぼり始めると言われています。

逆に、文字通り働いている上位2割の働きアリだけをかき集めて、1つのスーパー集団を作ってみます。それこそ、すごい勢いで仕事をしそうなものですが、やはり時間とともに2-6-2が形成され、一部が怠け者に変身するそうです。

働きアリの法則 - Wikipedia

 

コレです。コレなんですから仕方のない事だと思うようになりました!

僕は2割の仕事がイマイチな方なのだと…

 

でも僕は悔しかった。同じ人間なのに僕はダメだから?

いいや違う。出来る人は考え方や思考回路が少し違うだけで同じ人間なんだ!

僕は仕事ができる人になる!(15歳の僕)h

 

だから変わりました。仕事が出来る人に!

 

A「取引先に伝言する内容」

言われた事は忘れたり、無くしたりしないよう、デカイ手帳に書く!

それを続けるとルーティーンになるので、何も考えずに習慣になる!

他の人からの呼び出しや、用事に対しては

優先順位を付け、優先度の高いものからやっていく。

※ただし、上司のお叱りはかなり優先度が、高いので優先して下さい笑

 

B「取引先に持って行く書類」

自宅に忘れるなどもってのほか!

僕は前日の必ず寝る前には、「明日の仕事を想像する」ようにしたら

忘れ物は劇的に減りました。

「何してコレして…じゃあ、アレが必要だな…」みたいに!

また、データ系はバックアップを常に取っておく。

 

C「会社での書類作成」

Aでも言いましたが優先度を決めて、行動を起こして下さい。

会社での書類作成は余裕がある時に。

または人を頼るのが大切!お礼のコーヒーを忘れずに!笑

 

まとめ

 

このように仕事をすれば

「疲れたー」

と言う独り言も減り。

働きアリの法則を知っておけば

仕事が出来ない人に対して

イライラしたり、怒ったり

全く無駄な感情に左右されなくなり

スムーズに仕事をこなす事が出来るのです。

 

今日も1日お互い頑張りましょ!

こくご